石田 開

お客様との会話の中にヒントを見つける様
常に心掛けています。

営業に向かう石田さん

日々の訪問の積み重ねで
お客様のニーズに応える

主に札幌市内の電気工事店を中心に、電気スイッチやケーブル(電設資材)やランプ、家電等の幅広い商品のルート営業を行っています。 時期によって異なりますが、1日平均で6社~8社訪問しています。お客様のニーズが出た時に商品をご案内することはもちろんですが、会話の中でお客様が何を求めているか、ヒントを見つけるように心掛けています。例えその時に求めている商品がなくても、新商品が出た時にすぐにご案内できる状態を作っておくことが大切だと思っています。

営業マンとして
初めて頂いた注文がやりがいに

この仕事で一番嬉しかった事は、営業配属後に担当のお客様を持ち、そのお客様から営業マンとして初めての注文を頂いた時です。
電気工事店様から、新築一戸建ての照明器具の見積依頼が来たので、まずは商品を覚え、分からないなりに一生懸命応えました。上司や先輩のサポートを受けながらではありますが、自分で打ち合わせをして見積を行い、その過程を経て注文を頂けた事で、営業マンとしてのやりがいを感じました。

打ち合わせをする石田さん
笑顔の石田さん

自分のやる気さえあれば、
全力で応えてくれる風土

もともと営業職に興味があり、会社説明会で他の会社では感じられなかった、社員一人一人を大切にする雰囲気を感じました。 現に入社してからも、上司や先輩方は私がミスをしても全力でフォローして下さり、この会社の温かさを感じています。
先輩・上司・役職関係なく、誰とでも話せる風通しの良さも魅力です。自分の少ない商品知識を補ってくれるのはもちろん、仕事の相談をした際には「あの案件どうなった?」と気にかけてくれます。自分のやる気さえあれば、そこに対して全力で応えてくれる風土があります。