ONE DAY SCHEDULE
1日の流れ

打ち合わせ

営業職の一日
営業職のとある一日の仕事の流れを紹介します。

取引先に電話
  1. 8:30

    朝のラジオ体操・始業の朝礼

    1日の始まりは皆で体を動かして、元気に始まります。

    ラジオ体操
  2. 9:00

    前日までのメールやFAXのチェック

    外出前に、お客様からの前日までのメールやFAXに回答。
    本日のスケジュールも併せて確認。

  3. 10:00

    得意先・現場打ち合わせへ出発

    営業マンは得意先や現場などを毎日訪問し、
    新しい仕事を取ってくる、いわば会社の顔です。
    営業担当一人ひとりにあたる営業車で出発!

    営業車
  4. 11:00

    現場にて打ち合わせ

    施工方法や商品の納まりなどを直接現場で打ち合わせをする事も営業の大事な仕事です。

    現場での打ち合わせ
  5. 12:00

    美味しいランチを頂く

    現場近くのグルメ店を探していざ!
    美味しいランチが食べられるのも、営業の楽しみの1つ♪
    お客様との話のタネにもなります。

  6. 13:00

    得意先との商談

    LED照明や空調機器のリニューアルなど様々な提案をする事で、お客様の困り事を解決していくのが営業マンの仕事です。

    商談中
  7. 14:00

    お客様から電話注文

    得意先から商品の変更や数量変更など、外出時も携帯電話で依頼を受け、迅速に対応しています。

    お客様へ電話
  8. 15:00

    メーカーとの打ち合わせ

    メーカーとの価格や納期の打ち合わせをする事も受注に繋げる大事な仕事です。

    打ち合わせ
  9. 16:00

    事務所に戻って営業会議

    月に一度の営業会議では、会社の方針や取組を部署全員で共有しています。

    営業会議
  10. 17:30

    見積書作成業務

    夕方以降は得意先への見積書作成や各種書類の準備などを行っています。

  11. 18:30

    帰宅

データ入力

業務職の一日
営業職の仕事の流れ、商品受注から到着までの手順を紹介します。

資料確認
社内風景

笑顔も見られる明るい職場

お電話には元気よく応対!真剣ながらも、お客様との会話に笑顔も見られる明るい職場です。業務はお客様と電話でのやりとりが多いため、お客様の必要としているものを聞き取ることが必要です。

頼れる先輩社員

最初は分からないことだらけでも大丈夫。
頼れる先輩社員が、1つ1つ丁寧に指導してくれます。
入社1年目はチューターの先輩社員がついて仕事をサポートしてくれます。

先輩の指導

商品受注から到着までの流れ

  1. 受注

    お客さまからの受注

    商品の受注は電話かFAXがメインです。
    業務社員毎に担当の得意先が決まっています。
    注文を受けた内容を『受注手配書』に記入し、その後パソコンで手配します。

    受注電話
  2. 確認提案

    商品の確認

    当社の取扱商品数はなんと20万品以上!
    メーカー数は1,000社にものぼります。
    分からない商品は随時カタログを開いて確認します。
    お客様に商品を提案することもあります。

    カタログで商品の確認
  3. 商品手配

    在庫の手配

    パソコンで当社の在庫状況を確認します。
    在庫が無いものはパソコンやFAXでメーカーへ発注し、
    納期をすぐにお客様にお伝えします。

    在庫のチェック
  4. 照合

    売上内容・商品到着の確認

    お客様のもとに商品が到着したら、
    納品書とパソコンの売上画面を照合して確認します。

    到着した商品のチェック